自宅ヨガを続けるコツ

こんにちはミオです。ヨガを始めて半月が経ちました。太陽礼拝(12のポーズから成る一連のシークエンス)が朝の日課です。まずは、体の変化ですが、ガチガチだった肩こりがマシになりました。

さすがに無くなりはしませんが、日に日によくなっていくのが実感できます。肩にはツルのポーズが効きますね♪本日は、自宅ヨガを続けるコツを紹介したいと思います。

ヨガをするなら本当は教室に通ったほうが良いのでしょうが、お手軽さにかけては圧倒的に自宅です!用意するものも、ヨガマットくらいですね。他にあれば便利なのが、ヨガブロック、ヨガホイールです。練習の幅が広がりますからね。呼吸は難しいので、余裕があればでいいと思います。

基本である腹式呼吸をマスターすることはオススメしますが、簡単にコツをお伝えしますと、吐く息と吸う息の長さを同じくらいにするとリラックスできます。また、吸うときはお腹を膨らませ、吐くときはへこませる。これでかなり深い呼吸ができるかと思います。

次に瞑想ですが、これは難易度が高いです(汗)私もこれからで、現在も勉強中になりますが、コツは脱力です。瞑想ってイメージとして雑念を払い、集中しなければいけないみたいに考えていませんか?

そうではなくて、リラックス状態に入るものなんですね。一番簡単な瞑想法として、ヨガ・ニドラーというものがあります。まあ寝たまんまヨガになります。いつもの仰向けに寝るポーズにちょっと意識を向けるわけですが、たとえ寝てしまったとしても問題はありません。

これなら簡単に瞑想のコツが分かるのではないでしょうか?私も以前より体が柔らかくなってきたので、次は鳩のポーズや、ピンチャポーズが出来るように頑張ってまいります。それでは!