ヨガマスターへむかって・・

お久しぶりです、ミオです。最近スゴク寒くなりましたね~。部屋にいて寒いと、立ったままできるヨガを軽くやって、体を暖かくしてます。・・なんだかヨガの修行者みたいですね(笑)こんなにヨガが続くとは、自分でも驚きですね。

まず体の変化ですが、元々始めたきっかけのデスクワークからの肩こりや、腰痛はほぼ改善されました。仕事も捗ります!それから大きな変化として、便通がかなり良くなりました。元々多少の便秘持ちだったのですが、便秘は完全に解消されたと言っていいと思います♪

さて、ヨガの腕も順調に上がってきました。ネットで「自宅ヨガ」というサイトを参考に、ヨガの詳しい種類とか、道具を調べているところです。もっとヨガを極めたいと思うようになりました。教室に行こうかしら・・とも思ったのですが、元々教室通いが面倒で自宅ヨガを始めたので、そこはブレないほうがいいかな?と思います・・へんな拘りですよね(笑)

自宅ヨガで、さらに技術と言いますか、体を柔らかくする方法も解かりました。ヨガDVDで勉強するか、オンラインヨガで家に居ながらインストラクターの授業を受けるかです。いや~、両方良さそうですね。とりあえずDVDにします。呼吸や瞑想も詳しく知りたいので、その方面に特化したものを購入予定です。

アーサナ(ポーズ)、呼吸法、瞑想はヨガの三大要素といわれています。中でも瞑想は、心を落ち着けて集中力が上がるとのこと。これまでも我流ではありますが、瞑想を取り入れていたので、集中力が上がった実感はあります。私はいつも、ヨガのポーズが終わった後にしています。3分くらいですけど(笑)なんか飽きちゃうんですよね。やり方が違うんだと思います。それかそのまま寝たりとか(笑)・・あるあるですかね。もっとヨガの世界を深めていきたいと思います。それではまた。

自宅ヨガを続けるコツ

こんにちはミオです。ヨガを始めて半月が経ちました。太陽礼拝(12のポーズから成る一連のシークエンス)が朝の日課です。まずは、体の変化ですが、ガチガチだった肩こりがマシになりました。

さすがに無くなりはしませんが、日に日によくなっていくのが実感できます。肩にはツルのポーズが効きますね♪本日は、自宅ヨガを続けるコツを紹介したいと思います。

ヨガをするなら本当は教室に通ったほうが良いのでしょうが、お手軽さにかけては圧倒的に自宅です!用意するものも、ヨガマットくらいですね。他にあれば便利なのが、ヨガブロック、ヨガホイールです。練習の幅が広がりますからね。呼吸は難しいので、余裕があればでいいと思います。

基本である腹式呼吸をマスターすることはオススメしますが、簡単にコツをお伝えしますと、吐く息と吸う息の長さを同じくらいにするとリラックスできます。また、吸うときはお腹を膨らませ、吐くときはへこませる。これでかなり深い呼吸ができるかと思います。

次に瞑想ですが、これは難易度が高いです(汗)私もこれからで、現在も勉強中になりますが、コツは脱力です。瞑想ってイメージとして雑念を払い、集中しなければいけないみたいに考えていませんか?

そうではなくて、リラックス状態に入るものなんですね。一番簡単な瞑想法として、ヨガ・ニドラーというものがあります。まあ寝たまんまヨガになります。いつもの仰向けに寝るポーズにちょっと意識を向けるわけですが、たとえ寝てしまったとしても問題はありません。

これなら簡単に瞑想のコツが分かるのではないでしょうか?私も以前より体が柔らかくなってきたので、次は鳩のポーズや、ピンチャポーズが出来るように頑張ってまいります。それでは!